豊胸方法

豊胸方法ラボ

ピンキープラス(pinkyplus)とミーモ(meemo)の違いは何?比べてみたわかった選び方


ピンキープラス(pinkyplus)とミーモ(meemo)の違いは何?比べてみたわかった選び方

私の胸は小さいです。

お世辞にも大きいとは言えません。

主人は、別に胸の大きい女の人が良いとは思わないと言っていますが、それでもテレビなどを見ていて、意識しているような気もします。

大きい胸が良いとか好きとか、そういうわけではないようですが、やはり意識して見ていると思うと、私もそういう胸になりたいと思います。

若い頃から小さな胸だった私は、ずっと自分に自信が持てませんでした。

見た目ではなく中身で勝負しよう!と思っても、胸は小さいし、そもそも太っている。

性格良くなりたいと思っても、どうしても自信が持てないので性格まで暗くなりがちでした。

痩せたら自信が持てるかなと思いダイエットに取り組み、減量には成功しました。

しかし胸も更に落ちてしまい、ただただ痩せている人になってしまいました。

そしてリバウンドで太る時は、お腹から脂肪はつき胸はないまま今に至ります。

大胸筋を鍛えるエクササイズをしたり、大豆イソフラボンを摂ってみたり、できることはやりましたが、どれもイマイチでした。

もう、おばさんだし諦めようと何度も思いましたが、人生1度で良いから美ボディと呼ばれるような体型になりたいという願いも捨てきれません。

そんな時、知り合いからバストケアができるサプリを教えてもらいました。

ピンキープラスとミーモです。


 

タグ :  

meemo(ミーモ) ピンキープラス 比較

ミーモ(meemo)とベルタプエラリアの徹底比較!どちらを選ぶと育乳に良いの?


ミーモ(meemo)とベルタプエラリアの徹底比較!どちらを選ぶと育乳に良いの?

バストアップやセクシーな女性らしい体型になりたいと願う女性は多いのではないでしょうか。

私も人生1度でいいので、そのような体型になりたいと思います。

私は子供の頃から常にぽっちゃり体型で、それがとてもコンプレックスで、ダイエットをしたことがあります。

そのときは、周りから「痩せたね!」と言ってもらえるほど、体重も減量しましたが見た目も、かなり変わりました。

しかし、確かに痩せたのですがバストは小さくなり、女性らしいセクシーな体型とは、程遠い、ただただ痩せているだけで、女性らしい体型とは言えませんでした。

その後、リバウンドして体型は戻ってしまいましたが、今度はお腹やお尻にばかり脂肪がついてバストは大きくなりません。

もうどうしたら良いのかわからず、お手上げ状態です。

そんな時、バストアップサプリを知りました。

「ミーモ」と「ベルタプエラリア」です。

どちらも評判が高く、良さそうなのですが、それぞれ特徴などを調べてまとめました。


 

タグ :  

meemo(ミーモ) ベルタプエラリア 比較

ベルタプエラリアとピンキープラスの違い比較!選び方のコツは?


ベルタプエラリアとピンキープラスの違い比較!選び方のコツは?

バストアップをサポートしてくれるサプリメントがあることをご存じでしょうか?

バストアップというのは、今まで遺伝的要素が大きく、体質だと思い込んでいた私は、とても驚きました。

サプリメントでバストアップができるなんて、サプリメントがバストアップまで叶えてくれるなんて、信じられないというのが正直な気持ちです。

でも調べてみると、たくさんの種類のバストアップサプリメントがあることを知り、驚いています。


 

タグ :  

ピンキープラス ベルタプエラリア 比較

バストアップにmeemoとルーナは、どちらを選ぶと良いの?


バストアップにmeemoとルーナは、どちらを選ぶと良いの?

バストアップに憧れる女性は多いと思います。

私も、若い頃からバストが小さく、あれこれ良いというものは試してきたつもりですが、今もまだ小さいままです。

ある程度の年齢になったらバストについて特別なにも思わなくなるかなと思っていましたが、アラフォーの今も、やはりまだ大きいバストに憧れます。

そこで最近バストアップサプリというものを知ったので、早速試してみたいと思っているところですが、「meemo(ミーモ)」と「ルーナ」が人気が高く評価も高いのですが、どちらを使おうか迷っています。

どちらが、より早くバストアップできるのか知りたいと思います。


 

タグ :  

meemo(ミーモ) ルーナ(LUNA) 比較

ルーナとピンキープラスの比較と選び方のコツ


ルーナとピンキープラスの比較と選び方のコツ

豊満なバストに憧れませんか?

遺伝的要素が強いと思われている方も多いようですが、遺伝が全くないとは言い切れませんが、そうでもありません。

私の家族を例に挙げると、母は貧乳でしたが、姉は大き目ですし、叔母Aは貧乳ですが、叔母Bは大き目です。

そして私は、残念なバストです。

このように、家族をみても皆大きさは異なりますので、遺伝はあまり関係なく、反対に家族みんな小さくても自分だけはバストアップすることも夢ではないということですね。

日本人女性の多くは、バストにコンプレックスを抱いていると言われています。

貧乳も、その1つですし、垂れ乳も悩みの1つではないでしょうか。

20代から40代までの7割くらいの女性がバストの悩みを抱えていると言われていますが、今まではバストアップの体操くらいしか対策はありませんでしたが、今はもっと効率的に、その悩みを解決するグッズがあるのです。

それが「ピンキープラス」と「ルーナ」です。


 

タグ :  

ピンキープラス ルーナ(LUNA) 比較