豊胸方法

豊胸方法ラボ

出産後に崩れた胸をバストアップする方法は?


出産し、授乳している時、
バストは大きく豊かになりますよね。

統計データによると、平均して2カップは
サイズアップするそうですよ。
しかし、授乳期間が終わったとたんに
バストが垂れて来たり、しぼんだりして、
授乳前よりも崩れてしまいます。

こうなってしまう原因は、
「皮膚が伸びる」ためなのです。

妊娠中や授乳中を含めて約1年という短期間で
赤ちゃんのために、どんどん体つきが変わっていくため、
バスト周辺の皮膚が対応しきれず、伸びきってしまうのです。
このために、産後落ち着いた頃に垂れて来てしまうのですね。

また、産後はどうしても
運動不足になりがちですから、
代謝や血行も悪くなります。

そのため、バストに栄養が届かなくなり、
元の大きさにもどりづらくなるのです。

では、そういった時のバストの悩みを
解消する方法を3つご紹介します。

1 大胸筋ストレッチ

大胸筋ストレッチは
胸の筋肉をアップし柔軟性を高めます。
崩れた胸やしぼんだ胸にハリを与え、
サイズをアップしますよ。

具体的には足を肩幅まで広げ、
胸の位置で体の後ろで手を組みます。

手を組んだまま、胸を張り、大きく息を吸います。
腰はそらさないようにして
お尻に力をいれるようにしましょう。

息を吸いながら10秒キープします。
ゆっくりと息を吐き、もとの姿勢に戻ります。
これを1日5セットしましょう。

2 バストマッサージ
出産のご経験のある方から、
産婦人科でおっぱいマッサージを
学んだことがあると思います。

母乳の出をよくするマッサージ法ですが、
これを授乳後も続けることで、
しぼんでしまった乳腺の発達を促し
バストアップに繋がります。

3 食事の改善

産後は育児で疲れていることも多いので
栄養不足になりがちですから
バランスの良い食事もバスト改善に大切です。

ミネラルの多い海草類を摂って、
バストの筋力をアップさせましょう。

また、タンパク質はバストそのものを豊かにします。
植物性タンパク質なら大豆製品
イソフラボン豊富ですのでおすすめです。

動物性タンパク質なら、
肉、魚をはじめカルシウムも
豊富な牛乳やチーズも良いですね。

バストのハリや弾力をよみがえらせるには
ビタミンCも必須です。

コラーゲンの生成を助けますので
積極的に摂取しましょう。

また運動不足で代謝が悪くなりがちな
産後はビタミンEで血行を良くすることも必要です。
カボチャやアボカドに多く含まれていますよ。

これらの改善方法は1つだけでは効果が少ないですので
少しずつでも3つを組み合わせて
実践することが産後のバスト崩れ改善のポイントです。

★上記のことを実践しても
なかなかバストアップしないと言う方は
口コミでも人気のDVDの
バストアップラボのエクササイズを試すといいです。
私も実践中ですがとても簡単で効果があるので良いですよ。
家事の合間など短時間でできる
1カップですがバストアップしたので
すごくいいなと思い継続中です。
ボディスタイリスト大澤美樹のバストアップラボDVD

 

タグ :  

産後バストアップ

この記事に関連する記事一覧